FC2ブログ
伝統工芸一家
東京の下町台東区で,上川宗照と、三男一女の江戸っ子一家が同じ工房で仕事をしています。脈々と受け継がれてきた技法に若き後継者の新しいセンスを融合させた次世代の伝統工芸を目指し、日々の研鑽に努めています。
至福の金器 長男 宗伯
皆さんこんにちは。東京銀器職人で伝統工芸一家長男の宗伯(そうはく)です。
今回は、前回に引き続き『至福の金器シリーズ』に使用されている『金』ついてご解説をしたいと思います。
皆様もご存知かとは思いますが、『金』は最も価値の高い鉱物として人類が初めて発見した金属といわれます。
紀元前4500~4000年のバルナ遺跡(ブルガリア)よりたくさんの黄金製品が出土しているといわれていることから、新石器時代の末には『金』は見つけられていたとも言われています。
世界で始めて『金』は金属として扱われ、装飾品などに使われてきました。
『金』の『さんぜんたる輝き』と『不変の美しさ』は、本質的には『金』固有の物性にすぎないと思うのですが、古代より人類にとって不思議な魅力を与えてきました。
また、『金』を意味する『GOLD』という言葉は、ゲルマン語の『Gulth』を語源としていて、おおむね黄色ないしキラキラ輝くという意味を持ちます。
『金』は普通では錆びず、きわめて化学的に安定しているため、古代より不変の輝きを持つものとして尊ばれ、金属状態の自然金として産出しやすいものといわれています。
これまでに、人類の手によって採掘された『金』の量は、約10万トンといわれていて、そして地球上に残された埋蔵量はその半分の5万トン弱といわれています。
この希少性こそが『金』の資産価値だと考えます。そして価値の保存・交換手段として『金』が長く使われてきた所以でもあると思います。
人類が採掘した金の総量約10万トンのうち8割は、なんらかの形で現存するといわれています。
これがまさに石油と対照的であり、『金』の不滅性を如実に示す証ともいわれています。
用途としては、国家的な金貨から個人向けの流通金貨はもとより文化遺産、宝飾工芸品、エレクトロニクスの重要部品、医療、その他の産業に不可欠なものとして使用されています。
さらには先端技術への応用から日常生活に至るまで、『金』の英知と権力を秘めた神秘的な魅力は、歴史がそれを証明しているのだと思います。
今回の『至福の金器シリーズ』で使用をした素材は、『金』のなかでも高純度である『純金』を惜しみなく使用をしております。
代々伝えたい資産としても価値が高いと思いますし至高の存在感を誇ります。
日本の匠の技が純金に魂を入魂し優雅な趣を与えて製作をした作品が『至福の金器』シリーズであります。

至福の金器についてもっと詳しく知りたい方はこちらもご覧になってください。

有限会社日伸貴金属公式WEB:
http://www21.big.or.jp/~nisshin/
スポンサーサイト

テーマ:伝統工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

テレビ放映
一攫千金!日本ルー列島 
ヘキサゴンファミリー緊急参戦!紳助と下克上クイズバトル夢の世界一周争奪3時間スペシャル!!
2008年10月31日19:57~22:52 フジテレビ

一攫千金!日本ルー列島の番組の中の「値段当てバトルHIGH&LOW」のコーナーにて弊社の「至福の金器」が紹介されます。
お時間がありましたら是非オンエアーをご覧になって、出演者の皆さんとご一緒に値段を当ててみてください。


至福の金器についてもっと詳しく知りたい方はこちらもご覧になってください。

有限会社日伸貴金属公式WEB:
http://www21.big.or.jp/~nisshin/

テーマ:伝統工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

東京銀器新作展 本日より 
●平成20年度第1回東京銀器新作展

主催 東京金銀器工業協同組合
後援 東京銀器伝統工芸士会
会場 全国伝統的工芸品センター(池袋)
会期 平成20年10月30日(木)~11月11日(火)
11時~19時 最終日は17時まで

s200810291631.jpg

来場者による一般投票が行われています。銀製品ご興味がございましたら、是非足を運んでみてください。


有限会社日伸貴金属公式WEB:
http://www21.big.or.jp/~nisshin/

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

東京都伝統工芸品産業団体青年会による催事
東京都伝統工芸品産業団体青年会による催事
平成20年11月20日(木)~11月26日(水)
10:00~20:00 最終日は17:00まで
東武百貨店 池袋店9階 呉服売り場 「和み横丁」      

お近くにお立ち寄りの際には、是非足を運んでくださいますよう宜しくお願い致します。

有限会社日伸貴金属公式WEB:
http://www21.big.or.jp/~nisshin/

テーマ:伝統工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

お詫びと訂正
お詫び

---------------------------------------------------------------------
伝統工芸一家をご覧になっていらっしゃる方々へ本日は催事情報の訂正とお詫びがあります。

東京銀器新作展の開始日を 10月29日(水)と記載しておりましたが 正しくは10月30日(木)でございます。訂正させていただくとともに ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。


●平成20年度第1回東京銀器新作展

主催 東京金銀器工業協同組合
後援 東京銀器伝統工芸士会
会場 全国伝統的工芸品センター(池袋)
会期 平成20年10月30日(木)~11月11日(火)
11時~19時 最終日は17時まで



有限会社日伸貴金属公式WEB:
http://www21.big.or.jp/~nisshin/

テーマ:伝統工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

copyright © 2005 伝統工芸一家 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.