FC2ブログ
伝統工芸一家
東京の下町台東区で,上川宗照と、三男一女の江戸っ子一家が同じ工房で仕事をしています。脈々と受け継がれてきた技法に若き後継者の新しいセンスを融合させた次世代の伝統工芸を目指し、日々の研鑽に努めています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京都伝統工芸後継者展 東京銀器青年部による催事
東京都伝統工芸後継者展 東京銀器青年部による催事

●平成21年1月13日(火)~1月16日(金)
10:00~16:30
最終日は15:30まで

東京都庁第一庁舎観光情報センター内

東京銀器職人実演も行います。
ぜひこの機会に、職人の技に触れてみてください。

日伸貴金属公式WEB:
http://www21.big.or.jp/~nisshin/

スポンサーサイト

テーマ:伝統工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

和NEXT 新しい伝統工芸展
●和NEXT 新しい伝統工芸
平成21年1月23日~25日
午前11時~午後7時
東京ミッドタウンガレリア・アトリウム
主催(財)伝統的工芸品産業振興協会
後援:経済産業省
協力:リビングデザインセンターオゾン
メイド・イン・ジャパン・プロジェクト株式会社
打込象嵌花器『冬のおとずれ』  パート2  三男 宗達
こんにちは。東京銀器職人で三男の宗達です。
前回続き打込象嵌花器『冬のおとずれ』の作品を御紹介させて頂きます。

打込象嵌花器「冬のおとずれ」 1 
模様が出来たら、東京銀器鍛金技法を使い、一枚の純銀板を何万回と叩いて花瓶の形を作ります。
先ほどの青銅をロー付けをし、木槌や金槌で模様を平面になるまで叩き象嵌をします。
今回は3面に冬の移り変わりを表現し、金アラシ(かなあらし)という金属の細かい粒で表面を
キラキラさせる仕上げをしました。

打込象嵌花器「冬のおとずれ」 2
次の面には鏨を彫金技法で入れ、その中に銀ケシをして少し雪の降りつもりを表現しました。


打込象嵌花器「冬のおとずれ」 3
最後の面は雪が降りつもり木が耐えている姿を表現しました。
今回の作品は、高さ15cm口径21cmと大きな作品で、一年をかけて製作をしました。


この作品はとても時間がかり苦労したので、その分出来た時の喜びや達成感があり、物づくりをやってて良かったと思える瞬間でした。

有限会社日伸貴金属公式WEB:
http://www21.big.or.jp/~nisshin/

テーマ:伝統工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

クリスマス 長女 宗智
伝統工芸一家の女職人の上川宗智です。
今日はクリスマスイブ・明日はクリスマスですね。

sthesparkleofsnow1.jpg   smIMG_0253.jpg


ご覧いただいている画像は、ホワイトクリスマスをイメージした純製のクリスマスリース製のクリスマスツリーです。
電気を消して部屋を暗くしますと、反射する雪の光のようにファイバーが優しく輝いて、素敵な時間を演出してくれます。



クリスマスリースがイルミネーションのように色が変わる様子です。

銀製クリスマスリースについてもっと詳しく知りたい方はコチラもご覧になってください。

s20071112231759.jpg
皆さま楽しいクリスマスを過ごしてくださいね。


有限会社日伸貴金属公式WEB:
http://www21.big.or.jp/~nisshin/

テーマ:伝統工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

年末・年始の営業案内
年末・年始の営業案内

有限会社 日伸貴金属では、下記のとおり年末・年始の休業をさせていただきます。

当期間中、みなさまにはご不便をおかけすると存じますが、よろしくお願い申し上げます。


2008年の営業は 12月26日まで、2009年の営業は 1月5日からとなっております。

Blog「伝統工芸一家」は2008年12月27日~2009年1月4日まで更新をお休みさせていただきます。

有限会社日伸金属公式WEB:
http://www21.big.or.jp/~nisshin/


テーマ:伝統工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

copyright © 2005 伝統工芸一家 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。