FC2ブログ
伝統工芸一家
東京の下町台東区で,上川宗照と、三男一女の江戸っ子一家が同じ工房で仕事をしています。脈々と受け継がれてきた技法に若き後継者の新しいセンスを融合させた次世代の伝統工芸を目指し、日々の研鑽に努めています。
平成21年8月の台東区内の行事 長女 宗智
平成21年8月の台東区内の行事

8月 1日(土)~31日(月) 谷中円朝まつり ●円朝忌   ●円朝寄席 全生庵

8月4日(火) 台東蝋燭能 浅草公会堂

8月29日(土) 浅草サンバカーニバル  パレードコース 馬道通り~雷門通り

伝統工芸一家の工房のある東京都台東区には60以上もの年中行事があります。
季節季節の行事を交え、伝統工芸一家の生活の様子や下町で生きる江戸っ子職人としての昔ながら心意気みたいな事も皆様にお伝え出来れば良いなと思います。


テーマ:お祭り&行事 - ジャンル:地域情報

柳生十兵衛 「柳生笠」 ブックマーカー&ストラップ 三男 宗達
こんにちは。東京銀器職人で三男の宗達です。
本日は、シルバー柳生十兵衛柳生笠」ブックマーカー&ストラップをご紹介したいと思います。
戦国武将ブックマーカー
材料はシルバーを使い、作り方は東京銀器の彫金技法で家紋を彫り、仕上げにはアラシ加工を施し金メッキで目立たせました。
sDSCF3287.jpg
柳生十兵衛の名は通称で、柳生三厳という名前です。上泉伊勢守信綱が新陰流を作り出し、柳生石舟斎宗厳が柳生新陰流として柳生家に伝えられたといわれております。
のちに、尾張柳生、江戸柳生にわかれ、柳生石舟斎宗厳の孫、柳生十兵衛は江戸柳生として徳川の指南役となり天下に名を知られた偉大な剣豪です。テレビや小説にも描かれることも多いですよね。
その偉大な剣豪、柳生十兵衛のスピリットをブックマーカーやストラップを使用する事で感じて頂ければと思います。
sDSCF2479.jpg
組紐の色は選べて、携帯電話のストラップなどに付けると武将魂を感じることができます。




テーマ:伝統工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

上泉伊勢守信綱 「ミツバカタバミ」 ブックマーカー&ストラップ 三男 宗達
こんにちは。東京銀器職人で三男の宗達です。
本日はシルバー上泉伊勢守信綱「ミツバカタバミ」ブックマーカーとストラップをご紹介したいと思います。
戦国武将ブックマーカー
材料はシルバーを使い、作り方は東京銀器の彫金技法で家紋を彫り、仕上げにはアラシ加工を施し金メッキで目立たせました。
sDSCF3288.jpg
上泉伊勢守信綱とは徳川家康以降、代々将軍家の指南となり、人を斬る兵法が人を活かす兵法となるともいわれ、まさに「剣聖」といわれる戦国時代の兵法家です。
また、柳生宗厳に新陰流を伝えた、僕が大好きな偉大な人物です。
上泉伊勢守信綱家紋といわれている「ミツバカタバミ」のブックマーカーやストラップを使用する事でスピリットを感じて頂ければと思います。
sDSCF2479.jpg
組紐の色は選べて、携帯電話のストラップなどに付けると武将魂を感じることができます。




テーマ:伝統工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

伊達政宗 「仙台笹」 三男 ブックマーカー&ストラップ 宗達
こんにちは。東京銀器職人で三男の宗達です。
本日はシルバー伊達政宗仙台笹」ブックマーカーとストラップをご紹介したいと思います。
戦国武将ブックマーカー
材料はシルバーを使い、作り方は東京銀器の彫金技法で家紋を彫り、仕上げにはアラシ加工を施し金メッキで目立たせました。
sDSCF3291.jpg
皆さんもご存知かと思いますが、伊達政宗戦国時代の武将で仙台藩初代当主といわれております。
また、独眼竜政宗ともいわれ、時代小説や講談では「野心家にして豪放磊落」「謀反の気持を秘め続けた武将」と描かれることが多く、僕が好きな戦国武将の一人です。
伊達政宗のスピリットや武将魂をブックマーカーやストラップを使用する事で感じて頂ければと思います。
sDSCF2479.jpg
組紐の色は選べて、携帯電話のストラップなどに付けると武将魂を感じることができます。




テーマ:伝統工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

石田三成 大吉大一大万 ブックマーカー ストラップ 三男 宗達
こんにちは。東京銀器職人で三男の宗達です。
本日はシルバー石田三成「大吉大一大万 」ブックマーカーとストラップをご紹介したいと思います。
戦国武将ブックマーカー
材料はシルバーを使い、作り方は東京銀器の彫金技法で文字を彫り、仕上げにはアラシ加工を施し金メッキで文字を目立たせました。
sDSCF3293.jpg
石田三成は、秀吉を支えた知の参謀といわれており、関が原の戦いで西軍の総大将の人物です。
中でも有名なのが大吉大一大万といわれる「万民が一人のため、一人が万民のために尽くせば太平の世が訪れる」という現代では、一人はみんなの為に、みんなは一人の為にという旗印を掲げ、関が原の戦いに挑んだと言われております。
石田三成のスピリットや武将魂をブックマーカーやストラップを使用する事で感じて頂ければと思います。
sDSCF2479.jpg
組紐の色は選べて、携帯電話のストラップなどに付けると武将魂を感じることができます。




テーマ:伝統工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

copyright © 2005 伝統工芸一家 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.