FC2ブログ
伝統工芸一家
東京の下町台東区で,上川宗照と、三男一女の江戸っ子一家が同じ工房で仕事をしています。脈々と受け継がれてきた技法に若き後継者の新しいセンスを融合させた次世代の伝統工芸を目指し、日々の研鑽に努めています。
純銀製バタフライモチーフ製作 長女 宗智
東京銀器職人で伝統工芸一家の女職人の上川宗智です。
今日は純銀製バタフライモチーフ製作をしています。
sDSCF3653.jpg
透かし彫り技法を使って、1つ1つ製作をしています。

今回はストラップブローチを製作しています。
こちらのバタフライモチーフは、女性からとても人気の高い商品となっています。


バタフライモチーフに込められた意味としましては、

アサギマダラという蝶は、長距離を飛行する蝶として有名で、時には1000km以上も移動することもあります。

キリスト教では蝶は復活の象徴とされ、ギリシャでは蝶は魂や不死の象徴とされています。

風水では蝶モチーフには、ビューティ運や、チャンスを連れてきてくれる運気があるそうです。

日本で蝶は、幼虫・さなぎ・成虫と姿形を見事に変態して美しい成虫になる不思議さを持つ蝶文様は、不死・不滅を具現するシンボルとして戦にのぞむ武士達に好まれたようです。
加えて「ちょう」という音は「丁」(整った数・連れ添いの偶数)、「長」(秀でる・上に立つ)とも重なり、蝶紋は向い蝶・伏蝶などの有職文様として長い歴史を刻み、また吉祥文様として婚礼の衣裳などに施されるモチーフともなりました。

蝶紋は向い蝶・伏蝶などの有職文様として長い歴史を刻み、また吉祥文様として婚礼の衣裳などに施されるモチーフともなりました。

スポンサーサイト

テーマ:伝統工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

贈り物のお花 長女 宗智
東京銀器職人で伝統工芸一家の女職人の上川宗智です。
先週のシルバーウィーク中に、私たち兄弟と母の通っていた台東区立根岸小学校の側にある「花ふじ」というお花屋さんに、贈り物のお花を受け取りに行ってきました。
ありったけの感謝の気持ちを込めて花を贈りたかったので、お店の方に事前に入れたいお花(アナスタシアと赤いバラ)とシックな色合いでアレンジしていただきたいとお願いをしていました。

s20090919.jpg
送る方への思いのたくさん詰まったアレンジメントができました。
私の想像していたもの以上に素敵なアレンジメントで、花束を見たときに嬉しくて少し涙目になってしましまいました。
お店の方も「精一杯とても楽しく作りました」と言っていました。

今回お花屋さんでオーダーで花束を作っていただいて、お客様の立場に立って真心を込めて物を作ることの素晴らしさを感じることができました。

弊社へオーダーメイドの物をご注文される方もいらっしゃるので、私もお客様の立場に立って真心を込めて物を作ることを大切にして頑張っていきたいと思います。

テーマ:伝統工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

銀製バタフライの試作製作 長女 宗智
東京銀器職人で伝統工芸一家の上川宗智です。
今日は銀製バタフライの試作を製作しています。
糸鋸を使用して透かし彫りした銀製のバタフライが、ひらひらと舞っているように作りたいと前々から思っていました。
今日は前回の続きからご紹介します。


純銀の板を焼きなましをして、曲げやすくしたものを、祖父の代から使用している当てがねを使用して曲げていきます。

sDSCF3633.jpg
金鎚を使い、羽の角度を細かくつけていきます。
好みの角度になるまで微調整をしていきます。

sDSCF3636.jpg
ほんの少しだけ机の上から浮いているのが、お分かりいただけるかと思います。

透かし彫りした銀製のバタフライが、ひらひらと舞っているようなモチーフで何を作ろう?と試作を作りながら楽しむことができました。

完成までの様子は、またブログでご紹介したいと思います。



テーマ:伝統工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

銀製バタフライの試作製作 長女 宗智
東京銀器職人で伝統工芸一家の上川宗智です。
今日は銀製バタフライの試作を製作しています。
糸鋸を使用して透かし彫りした銀製のバタフライが、ひらひらと舞っているように作りたいと前々から思っていました。

sDSCF3631.jpg
焼きなましをして、曲げやすくします。

sDSCF3628.jpg
祖父の代から使用している当てがねを使用します。

sDSCF3632.jpg
大まかな曲線を出しています。

続きは次回のブログでご紹介致します。

テーマ:伝統工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

台東区内の平成21年10月の行事 長女 宗智
東京銀器職人で伝統工芸一家の女職人の上川宗智です。
今日は伝統工芸一家の工房のある台東区の平成21年9月の行事をお知らせ致します。

10月1日(火)~30日(水) 
糸瓜忌特別展示 「子規遺品展 -贈られし品々ー」
子規庵

10月 20日(日) 
開山会香湯加持会
待乳山聖天

10月25日(金) 
人形供養
清水観音堂


伝統工芸一家の工房のある東京都台東区には60以上もの年中行事があります。
季節季節の行事を交え、伝統工芸一家の生活の様子や下町で生きる江戸っ子職人としての昔ながら心意気みたいな事も皆様にお伝え出来れば良いなと思います。



copyright © 2005 伝統工芸一家 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.