FC2ブログ
伝統工芸一家
東京の下町台東区で,上川宗照と、三男一女の江戸っ子一家が同じ工房で仕事をしています。脈々と受け継がれてきた技法に若き後継者の新しいセンスを融合させた次世代の伝統工芸を目指し、日々の研鑽に努めています。
製バタフライハートブックマーカー 長女 宗智
東京銀器職人で伝統く芸一家の女職人の上川宗智です。
今日は銀製バタフライハートブックマーカーをご紹介したいと思います。
sDSCF4162.jpg
ハートの形は愛と生命力の象徴と言われています。
風水ではバタフライモチーフはビューティー運やチャンスを連れてきてくれると言われているそうです。
読書で心の豊かさや、心の美しさを更に磨きたいと思っていらっしゃる方に、お勧めしたいモチーフです。

sDSCF4164.jpg
近年様々な情報メディアの普及や生活環境の変化などにより読書離れが進んでいます。そこで、読書をするという心のゆとりの時間を素敵に演出するアイテムとして製作しました。伝統の技に現代感覚のあふれるデザインを加え、アクセサリー感覚でご使用いただけるブックマーカーとなっております。また、吉祥文様のバタフライとおしゃれなドット文様をモチーフにしました。結婚記念日や長寿のお祝い、家族の誕生日、などの贈り物としてもお使いいただけます。また、本だけではなく、スケジュール帳のブックマーカーとしてもご使用していただけるかと思います。

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

銀製ドットハートブックマーカー 長女 宗智
東京銀器職人で伝統工芸一家の女職人の上川宗智です。
今日はブックマーカーをご紹介したいと思います。
sDSCF4164.jpg
(左)製バタフライハートブックマーカー(右)製ドットハートブックマーカー
近年様々な情報メディアの普及や生活環境の変化などにより読書離れが進んでいます。そこで、読書をするという心のゆとりの時間を素敵に演出するアイテムとして製作しました。伝統の技に現代感覚のあふれるデザインを加え、アクセサリー感覚でご使用いただけるブックマーカーとなっております。また、吉祥文様のバタフライとおしゃれなドット文様をモチーフにしました。結婚記念日や長寿のお祝い、家族の誕生日、などの贈り物としてもお使いいただけます。また、本だけではなく、スケジュール帳のブックマーカーとしてもご使用していただけるかと思います。
sDSCF4161.jpg
ハートの中に優しく降り注ぐ雨をイメージしたドット模様をつけました。
ハートのモチーフは愛と生命力の象徴と言われています。
風水ではドットのモチーフはその人や空間に足りない者を補う力を持つといわれています。
読書で知識を深めたいという方にお勧めのモチーフです。

テーマ:伝統工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

銀製ドットハートブックマーカー製作 長女 宗智
東京銀器職人で伝統工芸一家の女職人の上川宗智です。
今日は銀製ドットハートブックマーカーの製作をご紹介します。
sDSCF4150.jpg
製図用の円定規で綺麗に描いた図面を、ブックマーカーの柄が入る部分に糊付けし円の中を切り抜きます。
sDSCF4151.jpg
これで銀製ハートブックマーカーのデザイン2種類(バタフライ・ドット)が揃いました。
いよいよ明日は完成した銀製ブックマーカーのご紹介をしたいと思います。
銀製ドットハートブックマーカーのデザイン画 長女 宗智
東京銀器職人で伝統工芸一家の女職人の上川宗智です。
今日は銀製ブックマーカーのデザイン画をご紹介します。
sDSCF4145.jpg
柄が入る部分の大きさに、優しく降り注ぐ雨をイメージした水玉模様をフリーハンドで16個描きました。
sDSCF4167.jpg
その中で一番気に入った配列のものを製図用の円定規を使って図面にします。
sDSCF4149.jpg
デザイン用のパソコンソフトを使ってデザインをすれば、もっと手軽に簡単に出来ると思うのですが。。。
手描きで製図しています。

テーマ:伝統工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

銀製ブックマーカー製作 長女 宗智
東京銀器職人で伝統工芸一家の女職人の上川宗智です。
今日も引き続き銀製ブックマーカーの製作をしています。
sDSCF4143.jpg
蝶の模様を切り抜いたところにキサゲをかけて、糸鋸の切断面をなだらかにします。
sDSCF4142.jpg
もうひとつのブックマーカーの柄が決まったので、これからデザイン画を描きたいと思います。
本当はイチバン初めに柄が決まっていなくてはいけないと思うのですが、なかなか決まらなかったので作っている間にアイデアが湧いてきました。

テーマ:伝統工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

copyright © 2005 伝統工芸一家 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.