FC2ブログ
伝統工芸一家
東京の下町台東区で,上川宗照と、三男一女の江戸っ子一家が同じ工房で仕事をしています。脈々と受け継がれてきた技法に若き後継者の新しいセンスを融合させた次世代の伝統工芸を目指し、日々の研鑽に努めています。
銀製ブックマーカー製作 長女 宗智
東京銀器職人で伝統工芸一家の女職人の上川宗智です。
昨日からご紹介をしている銀製ブックマーカー製作ですが、今日はその続きをご紹介します。
sDSCF4120.jpg
銀の板にデザイン画からおこした図面を貼って、糸鋸で切り抜きます。
sDSCF4123.jpg
切り抜いただけでは、角が本に当たって傷ががついてしまうので、ヤスリをかけて角を落としていきます。
sDSCF4125.jpg
少し見づらいかもしれませんが、角が丸くなっているのがお解かりになるかと思います。

引き続き、製作作業の様子はブログ「伝統工芸一家」でご紹介していきたいと思います。

テーマ:伝統工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

copyright © 2005 伝統工芸一家 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.