FC2ブログ
伝統工芸一家
東京の下町台東区で,上川宗照と、三男一女の江戸っ子一家が同じ工房で仕事をしています。脈々と受け継がれてきた技法に若き後継者の新しいセンスを融合させた次世代の伝統工芸を目指し、日々の研鑽に努めています。
平成22年3月の台東区の行事 長女 宗智
東京銀器職人で伝統工芸一家の女職人の上川宗智です。

平成22年3月の台東区の行事

3月18日(木) 浅草観音示現会・金龍の舞
        浅草寺

3月下旬~4月上旬 うえの桜まつり
         上野公園

3月下旬~4月上旬 隅田公園桜まつり
 隅田公園


伝統工芸一家の工房のある東京都台東区には60以上もの年中行事があります。
季節季節の行事を交え、伝統工芸一家の生活の様子や下町で生きる江戸っ子職人としての昔ながら心意気みたいな事も皆様にお伝えしていきたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ:東京 - ジャンル:地域情報

純銀製ぐい呑み製作 その7 長女 宗智
東京銀器職人で伝統工芸一家の女職人の上川宗智です。
今日は引き続き純銀ぐい呑みの製作をご紹介します。
sDSCF4346.jpg
卓上の電動ドリルに針のように細いドリルの刃をつけて穴を開けていきます。
sDSCF4347.jpg
透かし技法は通称「引き回し」と言われ東京銀器の加飾の伝統技法でもあります。
次は糸鋸を使い糸鋸の刃をドリルで穴を開けた所に通して少しずつ切り抜いていきます。
引き続きブログ「伝統工芸一家」で純銀ぐい呑みの製作の様子を紹介していきたいと思います。
お楽しみに。

テーマ:伝統工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

ブログ開設2周年 長女 宗智
東京銀器職人で伝統工芸一家の女職人の上川宗智です。
お陰様でブログ「伝統工芸一家」は、平成22年2月19日に開設2周年を迎えました。
東京の下町である台東区に暮らす、東京銀器職人の伝統工芸一家が仕事ぶりや日常生活を交え、皆様に東京銀器という伝統工芸に興味を持っていただけるよう、銀器を身近に感じていただけるよう、これからもお伝えしていきたいと思っています。

今後ともブログ「伝統工芸一家」をよろしくお願いいたします。

sDSCF4412.jpg
こちらは伝統工芸一家がそれぞれに製作をした酒器です。

テーマ:伝統工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

江戸楽 No.20 3月号
江戸楽は「江戸」を「楽」しむ大人の本です。
2月20日に発売されました江戸楽3月号「特集若き匠の心意気」代々の技と心を継承すべく、挑み続ける若者たちの素顔に迫るという特集の中で2ページにわたり東京銀器職人の若き後継者として伝統工芸一家の4兄弟を掲載していただきました。
s10021701.jpg

4兄弟の日頃の仕事ぶりや、4兄弟がそれぞれに回答した個性溢れるアンケートも掲載されているので、ご興味を持たれた方は書店にてお手に取っていただければ幸いです。
山井綱雄produce 能舞 meets Collaboration ~能楽師とピアニストの饗宴~ 
皆様、こんばんは。
伝統工芸一家長男の上川宗伯でございます。

今回は、私共伝統工芸一家が感銘を受けました

シテ方金春(こんぱる)流能楽師山井綱雄先生主催・プロデュース

山井綱雄produce 能舞 meets Collaboration 
~能楽師とピアニストの饗宴~
につきましてご紹介させていただきたいと思います。

山井綱雄先生は、1400年の歴史を持つ能楽最古の金春流宗家直門で、現在はシテ方金春流能楽師として全国各地の能公演、能講座へ多数ご出演されていらっしゃるのと同時に、メディアへのご出演やアーティストとのコラボレーション等、能の普及と可能性の探求を積極的に進めていらっしゃいます。

s10022201.jpg
2010年2月20日(土)に高輪区民ホールにて開催されました
山井綱雄produce 能舞 meets Collaboration 
~能楽師とピアニストの饗宴~ へ師匠である上川宗照(伝統工芸一家一同)も参加をさせていただきました。

sP2200053.jpg
山井綱雄先生を中心に、強い「絆」で結ばれご出演をなされた方々は、ゴスペラーズの楽曲提供を始め様々なアーティストとコラボレーションを行っているピアニストの木原健太郎先生、能楽最古の金春流の若手実力派4名で構成される座・SQUAREの皆様、アメリカワシントンDCのご出身で屏風絵や掛け軸などを製作する日本画家のアラン・ウエスト先生、師匠である上川宗照でございます。

sP2200058.jpg
第2部・新作舞曲「絆~KIZUNA~」にてご厚志を賜り、舞台でご使用いただきました純銀製の盃でございます。

盃を通して、師匠である上川宗照が100年後、800年後、そして、1400年後にも今回結ばれました「絆~KIZUNA~」が現代を共に生きる「証」として後世に受け継がれていくことや、舞台のご成功を祈念し、舞台リハーサル当日まで真心を込めながら師匠である上川宗照が伝統技法を基に精励を重ねて製作をいたしました。

人と人の絆によって創られた素晴らしい舞台を体験させていただき、伝統工芸一家一同心より深謝申し上げます。

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

copyright © 2005 伝統工芸一家 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.